~就業規則の改訂を!~ 子の看護休暇・介護休暇に関する法令改正

2021年1月1日の改正育児・介護休業法の施行により、
育児や介護を行う労働者による、子の看護休暇や介護休暇の時間単位での取得が可能となりました。
これまで法令で求めていたのは、半日単位での取得まででした。
それが今回の改正で、時間単位の取得が可能となり、
1日の労働時間が短い労働者も取得できるようになったということになります。

◆今回の改正のポイント◆

・半日単位での取得が可能
 → (改正後)時間単位での取得が可能

・1日の所定労働時間が4時間以下の労働者は取得できない
 → (改正後)すべての労働者が取得できる

この改正に伴い、多くの企業で就業規則の改訂が必要になるかと思います。
この機会に、ぜひ貴社の就業規則を見直してみてください。

<育児・介護休業法と、今回の改正の詳細はこちらから(厚生労働省のページにリンクします)>
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

今回の改正や就業規則の改訂、また育児・介護に関わる助成金等について、
不明点や疑問等ございましたら、当センターにお問い合わせください!
リモートでの個別支援も実施中です!!