管理できていますか? 有給休暇・時間外労働

今年度ももう半期が終わろうという時期。10月が目の前に迫ってきました。
労務管理という視点で見た場合、10月という月は、重要な月と言えるのではないでしょうか。
なぜなら、一般的に最も多いと思われる4月入社の方に、有給休暇が付与される月だからです。

平成31年4月の法改正により、年10日以上の有給休暇が付与された方には、
1年以内に5日以上取得していただくことが、雇用している企業の義務となりました。

この機会にぜひ、自社社員の有給休暇の取得状況、管理状況を振り返っていただければと思います。

~有給休暇制度の詳細情報はこちら(厚生労働省のページにリンクします)~
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/sokushin/jigyousya.html

「社員の取得が進まない」「上手く管理できていない」など、お困りごとや気になることがございましたら、
ぜひ新潟働き方改革推進支援センターまでお問い合わせください。

※合わせてご確認ください! 時間外労働の実施状況

有給休暇に関する法令改正と同時に行われた主要な法令改正の一つが、時間外労働の上限に関するものでした。
時間外労働を実施する場合には、いわゆる「36協定」の提出が必要ですが、
提出された企業の皆様は、改正された法令の範囲内に収まる形で自社の残業時間を申請されているはずです。
36協定の提出が最も多い月が4月。10月は協定期間のちょうど半分が終わったところです。
ここでぜひ、自社の残業の状況を振り返り、改善すべき点がないかご確認いただければと思います。

~時間外労働の上限に関する情報はこちら(厚生労働省のページにリンクします)~
https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/overtime.html

こちらについても、何か不明点や気になること等ございましたら、お気軽に当センターまでご連絡ください。