改訂版「テレワークガイドライン」ご参照ください!

2021年3月25日付けで「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」が改定されています。

このテレワークのガイドラインとは、テレワークを導入・定着するにあたり、使用者が適切に労務管理を行い、労働者が安心して働くことができる良質なテレワークを推進するため、労務管理を中心に、労使双方にとって留意すべき点、望ましい取組等を明らかにしたものです。


◆今回の改定に関する主なポイント◆

・労務管理全般に関する記載の追加(人事評価、費用負担、人材育成等)。
・正規雇用労働者、非正規雇用労働者といった雇用形態の違いのみを理由としてテレワーク対象者から除外することのないよう留意が必要であることを記載。
・導入に当たっての望ましい取組として書類のペーパーレス化の実施等を記載。
・テレワークにおける労働時間の把握について、原則的な方法としてパソコンの使用時間の記録等の客観的な記録による場合の対応方法や、労働者の自己申告による把握を行う場合の対応方法を記載。
・テレワークを行う労働者のワークライフバランスの実現のために、時間外・休日・所定外深夜労働の取扱いについて記載。
・自宅等でテレワークを行う際のメンタルヘルス対策や作業環境整備等に当たって事業者・労働者が活用できる分かりやすいチェックリストを作成。


 

テレワークはウィズコロナ・ポストコロナの「新たな日常」「新しい生活様式」に対応した働き方であると同時に、働く時間や場所を柔軟に活用することのできる働き方です。
導入を検討、また運用に課題があるとお考えの企業の皆様は、このガイドラインをご参照いただければと思います。

<ガイドラインはこちらから(厚生労働省のページにリンクします)>
テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

今回の改定はもちろん、テレワークに関する助成金や労務管理等について疑問等ございましたら、ぜひ当センターにお問い合わせください!
リモートでの個別支援も実施中です!!