中小企業の皆様も2021年4月から!「同一労働同一賃金」

正社員と非正規社員(パートタイマー・契約社員・派遣社員等)といった
雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保を目指す、いわゆる「同一労働同一賃金」の法令改正が、
いよいよ中小企業の皆様にも2021年4月1日より適用されます。

ご対応の準備は順調に進んでいるでしょうか?

「同一労働同一賃金」という言葉から、直接的に「賃金制度の改革をしなければ」
というイメージを持たれる方がいるかもしれませんが、
必ずしも、そのような大掛かりな対応が必要とは限りません。
まずは正社員の方と非正規の方の待遇を確認し、差がある場合には、
その差が不合理なものでないか検証することが、対応の一歩目となります。

まだ着手していない、またなかなかうまく進まないということがあれば、
ぜひ当センターにご相談ください!
貴社の実情に合わせた支援をさせていただきます。

※同一労働同一賃金の内容については以下の既出記事もご高覧ください。
https://niigata-hatakai.jp/douitsu_douitsu/